デリケートゾーンの臭い対策のための豆知識|毎日しっかりケア

デリケートゾーンの臭い対策情報をお伝えします。毎日しっかりケアし、嫌なに多いを改善しましょう。
MENU

デリケートゾーンの臭い汗の原因とその改善方法

常に下着類でガードされているデリケートゾーンは必然的に湿度が高く、蒸れやすくなります。
人体には汗腺のエクリン腺とアポクリン腺がありますが、
デリケートゾーンにはアポクリン汗腺が集中しているために臭い汗をかきます。
これは四季を通じて言える現象ですが、夏には特にデリケートゾーンの汗の臭いが気になるものです。

 

 

アポクリン汗腺からの汗が臭いの原因

汗をかくのは基本的に体温調節のためですが、
同時に新陳代謝で体内の老廃物を排出する作用があります。
汗を出すのはエクリン汗腺とアポクリン汗腺で、
デリケートゾーンや脇下にはアポクリン汗腺が集中しています。

 

エクリン汗腺は身体中の全体に分布していて、
私たちがかく汗の大半はエクリン汗腺で、臭いはほとんどありません。
これに対してアポクリン汗腺から出る汗には、たんぱく質やアンモニアなどが含まれています。
これがアポクリン汗腺からの汗が臭う原因になります。

 

 

デリケートゾーンは冬にも汗をかく

夏に汗をかくのは当たり前ですが、この汗の大半はサラッとしたエクリン汗腺からです。
しかし、残りの汗はアポクリン汗腺からで、厄介なことにその大半がデリケートゾーンや脇下に集中します。

 

アポクリン汗腺から出る汗はたんぱく質やアンモニアなどを含んでいるため、独特の臭いがします。
汗は拭きとればいいのですが、デリケートゾーンは場所が場所だけに、
そう簡単に汗を拭くわけになはいきません。

 

実は冬にもデリケートゾーンは汗をかきます。
寒い時には下着類は保温性を重視しますが、これが裏目に出て汗をかきやすくなりますし、
同時に下着類も通気性よりも保温性が重視されます。

 

 

冬場の下着類は保温性と同時に通気性が必要

冬に重ね着は当然ですが、同時に通気性も考えなければなりません。
矛盾したことですが、デリケートゾーン汗による臭い対策には、この両方が必要なのです。
そんな都合が良い下着類はありませんから、保温性のある下着を着用する際には通気性を考えて、
ウェットティッシュを活用しましょう。

 

ショーツの素材は保温性と同時に吸湿性のある木綿類がおすすめです。
そして、できるだけこまめに取り換えるようにして、蒸れた状態にならないようにします。
ガードルも蒸れの原因になりかねませんから、要注意です。

 

生理中に使うナプキンやおりものシートもこまめに交換すると同時に
デリケートゾーン用のウェットティッシュを使いましょう。
なお、ほかに気をつける点は、アンダーヘアを短くカットして通気性をよくすことです。

 

デリケートゾーンの臭いの元|アンダーヘアの処理方法

アンダーヘアはデリケートゾーンが臭う大きな要因の1つです。
尿の拭き残りや、湿気によってかなりの雑菌が繁殖しやすい部位ですので、
正しくケアしてあげましょう。、

 

女性のアンダーヘアのことなら女性が知らないはずはない・・・と思うかもしれませんが、
意外とアンダーヘアの処理の方法に悩む女性は多いです。
「正しいアンダーヘアの処理方法」について考えてみることにしましょう。

 

 

アンダーヘアの処理は自宅派?それともサロン派?

アンダーヘアの処理方法をざっくり分けるとすると、自宅で処理をするか、サロンもしくは
皮膚科などの第三者に手にゆだねるかのどちらかということになるでしょう。もちろんど
ちらがよくてどちらが悪いということはありません。ただし、自宅で処理をする際には、
正しい方法で安全に施術することが何よりも重要です。

 

自宅でアンダーヘアの処理を行う際の注意点

自宅でアンダーヘアの処理を行うときは、1にも2にも、「とにかく安全な施術を行う」
ことが重要です。デリケートゾーンという用語が近年広く用いられるようになっています
が、デリケートゾーンとは、特に女性器だけを指すわけではありません。アンダーヘアも
デリケートゾーンに含まれることが多いです。アンダーヘアの処理はデリケートな作業が必要になるのです。

 

ですから、セルフカットに自信がない女性ははじめから自宅での施術を視野に入れず、
サロンや皮膚科などの第三者の手にゆだねる方向で考えたほうが無難です。

 

自宅でアンダーヘアの処理を行うメリットとデメリット

自宅でのアンダーヘアの処理にこだわりたい女性が多いのは、やはりいくら相手がプロで、
なおかつ女性であるからといっても、デリケートゾーンを他人にさらすことに
抵抗を感じる人が多いということの表れになっています。

 

ですからアンダーヘアの処理を行うメリットの最大のファクターは、他人にデリケートゾ
ーンを見せなくて済むこと、そしてサロンや皮膚科での施術の最大のデメリットは、
その真逆で他人の目に恥ずかしい部分をさらさなければならないというところにあるでしょう。

 

 

それ以外にもメリット、デメリットはありますので、そのバランスをよく考えてアンダーヘアの
処理方法を検討する必要があります。

 

たとえば、メリットには費用が安いこと、いろいろな意味で手軽であること、自由にカット
できることなどが挙げられます。これに対し、デメリットはまたすぐに生えてきてしまうこと、
肌への負担が大きくなりやすいこと、カミソリ負けのリスクなど、
意外と大きなトラブルにつながってしまうリスクもあります。


引用:デリケートゾーン 臭い

 

 

正しいアンダーヘアの処理の方法とは?

アンダーヘアの処理を行う方法はいろいろあります。
どの方法でも、とにかく正しい施術であることが大前提となります。

 

たとえば毛抜きやワックスなどを用いて処理する方法は最もポピュラーです。毛抜きの場
合は肌を絶対に傷つけないこと、ワックスの場合は肌とワックスとの相性が重視されることなど、
安全のために最低限守るべきファクターは多いです。

 

また、脱毛クリームでアンダーヘアの処理を行う女性も多いです。ただ、脱毛クリームの場合、
太い毛にはあまり適性がないので、うまく脱毛できないこともあります。
また、クリームについても、ワックス同様肌質との相性の善し悪しがどうしても生まれますので、
そのあたりのケアを万全にしなければなりません。

 

近年徐々に増えてきているのが、ヒートカッターによるアンダーヘアの処理です。この方法
では、切った毛の断面が丸くなるので、セルフカット特有のチクチク感に悩まされることが
少ないというメリットがあります。デメリットもそれほど多くないので、比較的おすすめ
できる方法といえるでしょう。
ただし、ヒートカッターを用いる場合でも、「とにかく安全に」を合言葉としてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するトレチノインとは

デリケートゾーンの黒ずみ軽減成分の一種「トレチノイン」についてのガイダンスです。

 

トレチノインについてのガイダンス

デリケートゾーンの黒ずみは、なかなか他人に告白しにくい困り事です。
と言いますか、黒ずみでなくてもデリケートゾーンの話はなかなか他人にし辛いですよね。
ですが、トレチノインを用いれば自分だけで黒ずみを消す事が叶うかもしれません。

 

トレチノインの詳細

「黒ずみを消せるなんて、危ない成分なんじゃ……?」と感じるかもしれませんが、
病院でも活躍している成分ですので、まずはご安心を。
黒ずみのメインの誘因は「メラニン沈着」と言われておりますが、
沈着を治して皮膚を美しくした、という事例がかなりあるそうです。

 

そんなトレチノインという成分は「ビタミンA誘導体」にカテゴライズされます。
そして実は、人間の血液にも入っている成分なんです。
つまり「そもそも人体と共存している」ため、人間との親和性が高いという事。

 

言い換えれば、アレルギー反応を代表とする、危険な反応が生じにくいという
利点がある成分という事ですね。

 

ちなみに陰部の黒ずみケアに留まらず、ニキビケア、シミケア、シワケア、
などにも有効であると言われています。
肌に関する万能成分なのかもしれませんね。

 

トレチノインが効くワケ

黒ずみを消すメカニズムが分からないと不安ですよね。

 

トレチノインは「皮膚のターンオーバーを整える」事で、黒ずみを消していきます。
古びた角質が刷新されやすくなり、皮膚が新しく(=綺麗に)なりやすくなるのです。
そして古びた角質と一緒に、沈着したメラニンも取り去られていってくれます。

 

「ターンオーバーと一緒にメラニンも排除」。
これが、トレチノインが効くメカニズムです。

 

ちなみに、先ほどのニキビ、シワ、シミ等の誘因のほとんどに、
ターンオーバーの崩壊が絡んでいます。
これらの症状に効くのもほぼ同類のメカニズムですね。

 

 

副作用にはご注意

「じゃあ、どんどんトレチノインを用いよう!」という意識でいるのは、
少々危険です。副作用のリスクもわずかにあります。
実は「古びた角質を排除する」という工程は、皮膚にとってはそれなりに重大な事です。

 

トレチノインで、ある意味「強引に」角質を排除するのですから、
危険が全くないはずが無いのです。
用法用量を守って、慎重に用いて下さいね。

 

デリケートゾーンにダイレクトに塗るのは厳禁!

デリケートゾーンにダイレクトに塗るのは厳禁です。
何と言っても粘膜。つまりは、非常に傷みやすい箇所ですからね。

 

恋人との別れがデリケートゾーンにあった!?

考えたくもないかもしれませんが、デリケートゾーンのニオイが原因で
恋人に別れを告げられることがあるかもしれません。
心当たりのある人もない人も、ここで一度真剣に考えてみましょう。

 

 

恋愛の終わりがデリケートゾーンのニオイである可能性もある

ある程度の大人であれば、ある程度の期間付き合っているのに
突然気が変わって別れを切り出すということはあまり考えにくく、
そのように急に恋人に別れを切り出された女性は、何か原因があるはずです。

 

その原因に目を逸らしていたものの、いよいよ耐えきれないというタイミングで
別れを切り出したのかもしれませんが、そうなる前に自分自身で気づくことが
できれば、対策も講じることはできたでしょう。

 

特に、考えたくないと思いますが、デリケートゾーンのニオイを自分で
確認してみてもいいかもしれないケースは、心当たりのある出来事や気持ちの変化が
ないにも関わらず、カップルで会う機会が減少した経験を持っている人です。

 

 

普段は気にすることのないデリケートゾーンのニオイ

常日頃からいつもデリケートゾーンのニオイを気にしているという人は少数だと
思います。そこまで悩むくらいであれば婦人科で診てもらう必要が
あるかもしれませんが、少し神経質になりすぎという可能性もあります。

 

しかしながら、上記のような恋人との別れを経験したことがある人は一度自身で
ニオイを確認してみて、今後のために役立てましょう。お風呂やシャワーの時、
もしくはトイレ中がやはり確認しやすいでしょう。

 

どれくらいのニオイだと強いのかという基準を挙げるのは難しいですが、
デリケートゾーンから離れた普通の態勢で心配になるようなニオイがする場合は
強めと言えるかもしれません。

 

気になる人に出会う前に対策を講じる必要があるでしょう。

 

 

ニオイを確認するべきはズバリ下着

普通の態勢で気になるほどのニオイがなかった人は、夜に、着替えた下着のニオイを
確認するというステップに進んでみましょう。

 

ニオイがするのは当然と言えるのですが、それは体の中でもとても蒸れたりしやすい
部分がデリケートゾーンだからです。
しかし、これから注意しないといけないのは、その時に自分でも驚く程のニオイを
感じた人です。

 

以上が自分でのチェック法でしたが、それでもやっぱりニオイは気にならなかったと
いう人は、恋人の離れていった理由はデリケートゾーンの問題ではなかったということで、
一安心(?)ですね。その場合はその場合として、何か省みないといけない原因が自身にあるのかもしれません。
外見も中身も常に磨いていきたいですね。
デリケートゾーン ニオイ 対策

 

 

このページの先頭へ